• HOME
  • ブログ
  • WEDDING
  • 自分の氏神の神社で挙式しませんか?神前結婚式を挙げる方必見!福岡県北九州市で結婚式を挙げられる神社

自分の氏神の神社で挙式しませんか?神前結婚式を挙げる方必見!福岡県北九州市で結婚式を挙げられる神社

小倉城内八坂神社
WEDDING

氏神様とは?

あなたは氏神様をご存知ですか?
氏神の意味をGoogleで検索してみると
”1.その土地に生まれた者を守る神。鎮守の神。うぶすなの神。
2.氏の祖先として祭る神。また、氏にゆかりの深い神。”
と出ます。
ここで、神社についてちょっと説明したいのですが、全国の神社は
伊勢神宮
氏神神社
崇敬神社
の3つに分けることができます。
これらを一つ一つ簡単に説明すると、まず、伊勢神宮は皇祖(天皇の祖先)である天照大御神が祀られている別格の存在とされています。
また、皆さんが住んでいる地域の氏神様が祀られている神社が氏神神社。もう一つの崇敬神社は地縁や血縁関係なく、個人の特別な信仰などで敬われている神社です。
そして、それぞれの氏神神社の周辺の一定地域に住んでいる人のことを氏子と呼びます。元々は、氏姓が同じ氏族の間で、その氏族の祖神や縁の深い神を祀っていたので、血縁的な集団を氏子と呼んでいました。それがだんだん、地縁的な関係に対しても氏子と使われるようになったのです。

自分の氏神がわからない!という方は神社本庁に問い合わせると教えてくれるそうです。もしくはお近くのお年寄りに聞くとご存知の方がいらっしゃるはずです!
ちなみに福岡県の神社本庁はこちら↓
ADD : 福岡県福岡市東区東浜1丁目5−88
TEL : 092-641-3505

挙式をどの神社でするか迷っていらっしゃる方は、結婚式という人生の大切な儀礼をご自分の氏神様でするのもオススメですよ。

挙式は絶対こうしたい!ああしたい!とこだわりのある方はこれからお話することを参考に神社を決めてみてくださいね!北九州で挙式ができる神社の特徴や口コミを調べてみました。

八坂神社


昔々にイザナギ、イザナギの夫婦神がこの八坂神社にある天の御柱を周って、結婚の契りを交わしたと言われています!

八坂神社は小倉城内にあるのでお城での写真撮影も素敵です。

小倉城は庭園も素敵

小倉城は庭園も素敵

ちなみに雨天時でも安心の作りで、冷暖房も完備されています。
ADD : 〒803-0813 北九州市小倉北区城内二の二
TEL : 093-561-0753

全て神社で揃うプランあり!高見神社


この神社では衣装から挙式、写真撮影まで全て神社で揃うプランがあるそうです。
高見神社
ADD : 〒805-0016福岡県北九州市八幡東区高見1丁目1-1
TEL : 093−651−5108

篠崎八幡神社


この神社は”恋の神様”として知られています。
昔々に大蛇が「女蛇恋し」と毎夜大石を枕にして泣いていた「蛇の枕石」があり、その大蛇が神様に導かれて、恋を成就するため竜神となって天に昇り、女蛇と結ばれたといわれています。
ここでは新郎新婦、二人だけの結婚式もできるとのこと。
篠崎神社
ADD : 〒803-0861 福岡県北九州市小倉北区篠崎1-7-1
TEL : 093-561-6518
http://www.shinozakihachimanjinja.or.jp/PhotoGallery.html

足立山妙見宮


この神社は両家合わせて40名の席があるだけでなく、ご友人の方達も外から挙式の様子を見ることができるそうです。
足立山妙見宮
ADD : 〒802-0041 福岡県北九州市小倉北区妙見町17-1
TEL : 093-921-2292

到津八幡宮

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

到津八幡神社
ADD : 〒803-0845 福岡県北九州市小倉北区上到津1丁目8−1
TEL : 093-561-2051
※各神社の最新情報は必ず神社にお問い合わせください。
神前挙式ご希望の方は神社で行うか、ホテル内の神殿で行うか迷っていませんか?こちらの記事も参考にされてください!

 花嫁Hanakoの姉ブログ|In Bloom!
花嫁Hanakoの姉ブログ|In Bloom!
https://hanayomehanako.com/2018/04/14/hotelorshrine/
花嫁Hanakoの姉ブログ

hanakoの姉

5,501 views

こんにちは☆ もうすぐ結婚式を挙げるHanakoの姉です。私は大学時代にアルバイトを掛け持ちしていて、その一つが披露宴でのウェイトレスのお仕事でした。色々な...

プロフィール
スマ婚
デオラボイオンクリア

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。